2019/02/22

信じると疑うとの間で

先入観で物事を判断し、情報の落ち度を探す。
疑うことを覚えた人々は、広い視野で物事を捉えることができない。

一方、信じて取り入れた人々には、大きな成果や希望が見いだせる。
人は、思いのフレームによって、事実を歪める傾向があるようだ。

どちらが可能性があるかといえば、信じて行うこと。
信じて動かないが、その事柄をクレームとして捉え、吹聴する人々。

でも、そういうケースの後には、たくさんのご褒美があることを知っている。
だから、どんな出来事にも動じないで、感謝として受け止める。

でも、私にはネガティブな面々と無駄に時間を過ごしたくないため
それを何もなかったように、やり過ごす。

信念の伴った行動は確信となり使命となり人生の瞬間を刻む。
誰も気がつかない 多くの人が捉えようとしない中にチャンスはある。

要するに、トントン拍子にはいかないし
波風が立たない人生は、帆も先に進まないということだ。

2019/02/20

試したことをやってみると 実際に違う

コーチの言う通りにやってみた
まだフォームは固まっていない。

スピンがかかっているので
実際に打ってみると
感じが違う。
ということは、私が実際にいいと思う
打ち方のほうがいいのか?

迷いがでる。
相手の弱いボールに対応するには
展開を大きくして
力つよいボールを打ちたいが・・・

でも、ミスしたら負け
だからミスしないことを心がける

前で打つ下がらない
構える 予測する
課題がたくさん

バウンドテニスのコーチング

バウンドテニスって意見を貰わないから
上達しない。
独力というか自己流というか
非常に個性のある競技だ。

長年やっていてもコンスタントに勝てないのは
スキルが身についていないからだ。

ということとで、ミスが少なく的確にアドバイスしてくれる
コーチと出会い

隔週のコーチ付きバウンドテニスの練習会へ。
癖は誰でもあるが、ミスしては面白くない。

今日はストローク。
すごく勉強になりました。

2019/02/18

自分の心的表層がどのように表れるか?

私たちの心の深層は、無意識に保持されると言われている。
心理学は実用的な学問であるならば、
学んでいればいい方向に向き、人格や行動パターンが変化
したがって結果も出るはずだ。

無意識は、あらゆる記憶、知識、創造性、問題を解決する能力が保管されている場所らしい。
ある人が、心理学は得意分野と話した。
私は、心理学は自己コントロール方法だと思うし、人を分析したり批判したりする道具ではないと心得ている。
心理学が得意だという方 実は小心者で プライドがある成果非常に批判や反論を嫌う。
仕事をしている以上 自分の提案やアプローチが全てYESの答えは帰ってこない。

人は感情の動物で、場面場面で心理は大きく異なる。
だから、本人が感じている感情が 自分の評価ではないはずだ。

人間関係はトラブルがつきもので、相手の性格やこちらの対応で
うまくいく方法はあるが
全ては経験だ。

経験なしに、方法は見つからないし
全ては、学びたと思う。

つまり相手を分析したり セオリーを探しても
100%これだという法則はないと思う。

これまで自分をコントロールするために、タイムマネジメント 内省方法 
目標設定 自己改善法などいろいろ試してきたが
切り札になるようなスキルは手にできなかった。

記憶や失敗からの経験則は脳に保持されて行くから
年をとればとるほど
チャレンジ精神や学ぶということをしなくなる。
これは現状維持どころか、後退であると思う。

時代はめまぐるしく変化し 同じ行動をしていては時代に取り残されて行くのは
当然だ。

だから、よりよく行く抜くために問題を定義し
自分自身を知り
自分を動かす無意識の領域を知り
記憶を塗り替えたり
解釈を変えて行かないと
違った行動は起こせず
結果もでないということらしい。

今まで人生で起こしてきたことは
過去の累積データによる選択であって
全てではないはずだ。

だから、実績がなくても
観察 実験 調査 仮説を加え
実証してノウハウを手にでき
仕事にもいい影響を与えることができる
そういうことを感じるようになってきた。

ということでよりよく生きるためには
望めば 探せばその方法や組み合わせは
たくさんあるということだ。

だから、人と比べて上とか下とか 劣っているとか優れているわけでもなく
私たちがどんな世界に住んでいて
何が問題で
それを解消できる簡単な方法を模索すればいいと思う。

といことでデザイン・ヒューマン・エンジニアリングTM
とかニューロ・ヒプノティツク・リパターニングTM
を解析中。

2019/02/15

明日は山形県へ

納品をして
髪を切って
納品をして
支払いを済ませ
製品を充填し
サンプルを作り
風呂を沸かし
ご飯を食べて
ドラッグストアへお菓子を買いに行き
アイディアを練り
明日の予定を確認して
明日の山形の荷物を確認して・・・。

仕事って作る物
どんなニーズがある方に
何を
ニーズ 好奇心がある方
そういう人と巡り会う行動をしよう。

2019/02/13

前回うまくいったから今回同じとは限らない

バウンド店テニス、前回はうまくいった。
ストリングスが45ポンド。

スピンが面白いように掛かる。
借りたラケットが私の38ポンドよりも
大幅に強く張ってある。

今回は、そのイメージで自分のゆるゆるのストリングスで練習。
全然スピンがかからない。
サーブもストロークも全部アウト。

ラケットの張りでこんなにも違うなんて・・・。
一つ勉強になりました。


2019/02/11

ラケット忘れて開眼?

今日は強化練習の日。
慌ててかラケットを忘れてしまうという事件が勃発。

家に帰れば時間はかからないが、仲間からラケットを借りることにした。
彼のラケットは45ポンドで固め。

スピンがかかるというが、強く張ったせいで以前肘を痛めたことがあったので
強くストリングスを張るのには、懐疑的であった。

で、45ポンドラケットで打つと、コントロールでき
スピンが面白いようにかかる!

ついでにテイクバックを右下に引いて
ストロークしたら何かいい感じ

振り切る軌道がわかり
ストレスフリー

サーブの入る。
練習試合で、手こずった相手も4-0で勝利。
無意識がラケットを忘れさせ

今日があったに違いない。

まだまだ修正はあるが、なんとかバウンドテニスの山は越えた感じ。

2019/02/10

急がないって難しい

急がないって難しい
自分の質問にYes かNoか早く出したがる私。

人間関係の中に 相手の思いや感情を汲み入れ
自分を信頼してもらう。

相手は何をみて何を感じ 私の事をどう感じているか?
そういうふうにじっくりやって行くべきだと

最近出会った方から教わった。
急がないって 難しい。

テニスの試合も同じなんだな。

メルマガ「ダ・ビンチのつぶやき」

メルマガ購読・解除
 

Power Stoneの世界。

Power Stoneの世界。
妹的ブログ

フォロワー

Twitter